シェアハウスという賃貸形態

女性がリフォームのデザインを手がけた賃貸物件は、入居する女性の目線で作られているのが喜ばれています。

What's New
シェアハウスという賃貸形態

女性は住む賃貸は女性目線で作る

シェアハウスという賃貸形態
大工さんというと男性というイメージを抱きがちですが、最近では不動産関係の仕事でもリフォームのデザインなどは女性が手がけるところも多くなってきました。賃貸物件ではリフォームの機会が多いですが、その際に女性を登用するのです。女性というのは細部の使い心地までしっかりと考えるものです。棚の高さやシンクの高さ、玄関に鏡をつけて身支度のチェックに役立ててもらうなど、細やかな女性目線からの配慮が成されています。

これは特に女性用の賃貸物件では喜ばれており、同じ女性目線から考えられた賃貸物件の出来上がりに満足して入居する人が多いようです。また、使い心地はもちろんのこと内装のオシャレにもこだわっていて、備え付けのハンモックが窓際にかかっていたり、壁紙が花柄だったりと、普通の賃貸物件とはひと味違っているようです。なかにはルームシェアできる物件もあり、多くの女性入居者が利用を希望しているようです。女性が進出できる仕事がまた一つ増えそうですね。

注目のキーワード