シェアハウスという賃貸形態

賃貸物件での日常生活で聞こえてくる音の種類などや、それぞれの様子などを、できるだけ多く書いてみました。

What's New
シェアハウスという賃貸形態

賃貸物件での気になる音の種類

シェアハウスという賃貸形態
賃貸物件では、生活での音が必ず聞こえるのが、都会の生活ですし、田舎暮らしでも隣近所の音は、当然聞こえます。それでもそれを我慢できるかどうかということが、問題になりますが、なぜ我慢できないかとなると、ひとつは日常生活や仕事などでのストレスで、その人自身の神経が過敏になっていて、僅かな音でも気がついてしまい、うるさいということになる場合です。もう一つは、それらの音の音源の住人が無神経で、大雑把な人の場合には、自分の基準で考えますから、自分の出している音を迷惑だと理解できないということもあります。

音源としては、キッチンではシンクの下などの、大きな引き出しなどには、ゴロがついていますが、それを引き出したり閉める時に、ゴトッという音が階下に響く場合があります。他にも和室の重い引き戸を開け閉めすると、ゴトンゴトンと音がしたりします。また押入れの物を出して、床に置く時なども大きな音がしたりします。他にもフローリング床の上をゴロがついたものを動かしたりしても音がしたりします。その点なども注意が必要です。

注目のキーワード