シェアハウスという賃貸形態

賃貸物件で学業や仕事や趣味などで、楽器の演奏や音楽などを聞く場合の考え方や方法を幾つか書いてみました。

What's New
シェアハウスという賃貸形態

賃貸物件での楽器の使い方

シェアハウスという賃貸形態
以前、田舎の別荘地に遊びに行った時に、山の上の人里離れた広場のような自然な場所があり、そこに1軒別荘が建ててありましたが、とても日当たりも良くて、木々も美しく、気持ちの良いところでしたが、その別荘の一部屋で、たぶん所有者でしょうが、ひとりで音楽を聞いていた人がいました。とても気持ちよさそうで、羨ましくなり、自分もそのような住まいに住みたいと思いながら、その姿を見ていましたが、それを都会でする場合には、やはり無理があります。特に音楽学校や、仕事での演奏や、音楽鑑賞などでは、その音はとても大きくなりますので、そのままでは、まず無理でしょう。

そのような場合には、例えばスタジオなどの近くに住むとか、先輩や知り合いなどから事情を聞いて、それができる住まいなどを借りたり、引き継いだりするということだろうと思います。もともと自然の中ではないので、よほど防音設備が整っていないと難しいということになります。しかし、そういう住まいは、賃貸でも家賃がそれなりに高くなります。また場所により、借りる競争も激しくなるでしょうから、その点も考えておくべきだろうと思います。