シェアハウスという賃貸形態

古い賃貸物件で駅に近いところなどだと、音がまともに聞こえます。マンションタイプの方がいいです。

What's New
シェアハウスという賃貸形態

古い賃貸物件は防音は期待ができない

シェアハウスという賃貸形態
駅に近ければ、鉄道の音、駅前の音、人の音などがするようになります。マンションであれば、それなりの防音が約束されます。特に防音設備をつけていなくても、外の音が聞こえにくいようになっています。よほど真横に鉄道が走るのでなければ、鉄道の音がしてもかすかに聞こえる程度です。駅の様子の音、人の音に関しても同様です。聞こえないことはないけども、テレビなどをつけていれば気になることはありません。睡眠の妨げにもなりません。

賃貸物件において、駅近の場合は、マンション系の物件の利用がいいでしょう。駅近で安いところとして、アパートや文化住宅などがあります。これらの中でも古い物件は、防音性能についてはあまり期待できません。鉄道が走ればその音がかなり響くことがあります。駅前でイベントがあったり、人が多く集まったりすれば、かなり音がすることもあります。住宅地などにある建物であれば、音が聞こえたとしても生活には影響が出にくくなります。