シェアハウスという賃貸形態

音響施設を手がけている会社が作った賃貸物件ならば、楽器の演奏など大きな音を出しても安心です。

What's New
シェアハウスという賃貸形態

大きな音を出しても安心な賃貸

シェアハウスという賃貸形態
自宅でも楽器の演奏がしたいという人にとって、賃貸物件に響いてしまう音の問題は大きいです。エレキギターであれば、アンプに繋がなければ良い音は出せませんがその分かなり近隣まで響いてしまいます。本格的な装置を使わないような演奏であればヘッドホンなどでカバーできますが、やはり思いっきり音を出したいという人にとっては物足りなく感じます。賃貸はほとんどの物件が大きな音を出す場所には適していません。

しかしなかには大きな音を出すことを前提とした賃貸もあります。音響設備を手がけている会社が設計に携わっている賃貸物件では、音が吸収される設計がしっかりと施してあるので、かなり大きな音を出しても近隣に迷惑をかけることはありません。楽器の演奏はもちろんのことながら、入居者のなかには子どもが出す大きな音対策として入居する人もいるようです。そのぶん賃料は普通の物件の価格の2?3倍に成ってしまうと言われていますが、満室状態が続いているようです。

注目のキーワード