シェアハウスという賃貸形態

働き始めてから仕事の都合でもありますが、ずっと持ち家ではなく、賃貸で生活してきて感じたこと。

What's New
シェアハウスという賃貸形態

賃貸で生活してきた結果。

シェアハウスという賃貸形態
働き始めてから仕事の都合上、ずっと賃貸で生活してきましたが、色んなことを実感しました。仕事の都合上、定期的に転勤があり、引っ越さないといけなかったため、持ち家を購入するということは出来なかったのです。結婚もして家族も出来、子どももいて、色々と不安に感じることもありましたが、賃貸で良かったと感じます。

定期的に転勤ということなので、必要最低限の生活必需品と少々の家具や電化製品ぐらいで引っ越しをしていました。もちろん引っ越し先には生活出来る家具や電化製品はある程度揃っていたので、移動自体はスムーズでした。コストもほとんどかかりませんでした。

最初は夫婦だけで、あまり問題もなかったのですが、子どもが出来て、将来的なことを考えると色々と心配事も増えますが、最終的には良かったと感じます。それは転勤ということもあり、子どもの成長も含め、ライフスタイルは変わりますが、それに合わせた賃貸を探すことが出来、子どもも色んな環境に適応していくのでメリットが多くあります。やはり変化の多い世の中、賃貸に助けられる部分も多くあり、経済的にも安心な面は多くあります。

注目のキーワード