シェアハウスという賃貸形態

賃貸住居に住む場合、様々な制限・制約があります。しかしそれを知らずに契約してしまうとどうなるのでしょうか。

What's New
シェアハウスという賃貸形態

賃貸住居に住むときの注意点

シェアハウスという賃貸形態
賃貸住居に住む場合、予め不動産業者と契約を行う必要があります。その際に、住みたいと思う物件の下見を行います。その際に、ちょっと部屋を見て周辺を見て帰るというのはあまり良くありません。部屋に通された場合、まずはじめに排水口を確認して下さい。乾ききって、少し臭いがする場合は、その物件は長らく人が住んでいない場合があります。そういう場合は、何らかの事情があることが多いので確認しておくと良いです。次に、天井です。天井の隅っこなどに、カビが生えている場合があります。多くの不動産業者は工事を行い、隠すのですが隠れていない場所も多く、物件が長らく使われていないかどうかを見極めることができます。

そして、契約する際の注意点です。契約する場合、必ず家賃の確認と支払方法と諸月に払うべき金額を確認してからサインしてください。サインした後に、質問を行い、「やっぱり契約を取りやめたい」と思ってもすでに契約済みのため、契約破棄を行えない場合があります。なので、先に質問を行い、契約するかどうかを決めると良いです。