シェアハウスという賃貸形態

クリーニングに対応してくれる賃貸物件があります。管理人に渡して、夜に受け取ることができます。

What's New
シェアハウスという賃貸形態

クリーニングに対応してくれる賃貸物件

シェアハウスという賃貸形態
男性が毎日着るものとしてワイシャツがあります。自分で洗濯をすることもできるのですが、ワイシャツはしろければいいわけではありません。襟元と袖がパリっとしていなければいけません。そのためにはアイロンがけが必要です。また、のりを付ける必要もあります。自宅に奥さんがいるときはしてもらうこともできるのですが、単身赴任などで一人で生活しているとそこまでできません。近くのクリーニング店を利用することもあります。

クリーニング店はいいのですが、朝は早くて開いていない、夕方は遅すぎると閉まっているなどで常に利用できるわけではありません。そこで使えるのがクリーニングの受付をしてくれる賃貸物件です。単身赴任者対応となっています。

受付に管理人がいて、早朝から夜遅くまで対応してくれます。朝に受け付けてくれて、夜に受け取りができるようになっていますから、毎日洗濯をしなくてものりの効いたパリパリのワイシャツを着ることができます。