シェアハウスという賃貸形態

大家さんがリフォームをしなければいけない賃貸の具合は、水漏れの有無で大きく変わってきます。

What's New
シェアハウスという賃貸形態

どれくらいから賃貸のリフォームは必要か?

シェアハウスという賃貸形態
見た目が良さそうな賃貸物件であっても、よく確かめてみたら床下が水漏れでぐちゃぐちゃになっていた、ということはあり得ます。これは自然災害によって起こることもりますが、多くは部屋の設備からの水漏れによる被害から起きることが多いようです。たとえば長年放っておいた水道管が破裂して水漏れを起こしていたとか、水道管の管理の不備によるものがほとんどです。これが2階で起きると1階の部屋が水浸しになったりしますし、1階で起きれば床下が水浸しになってしまうことがあります。どちらも大変な状況ですが、こうなったら大家さんはリフォームをしなければいけないでしょう。場合によっては入居者にお詫びの必要もあります。

水漏れによる被害は厄介です。浸水箇所から傷んでくることもありますし、床下がやられてしまった場合には広範囲に渡るリフォームをしなければ取り返しがつかなくなることもあります。管理はこまめに行って早期発見を心掛けたいものです。